ヒタシ

日田市

〒877-8601 大分県日田市田島二丁目6番1号


  • 麦餅つき祭り(2012)
  • 2012-07-15
  • 無病息災・五穀豊穣を願い、ふんどし・ハチマキ姿の氏子衆がお祓いを受けた後、体を清め、臼の周りを餅つき唄を歌いながら樫の木で作った杵で勇ましく麦もちをつきます。

  • 第31回日田おおやま梅まつり
  • 2011-02-20 ~ 2011-03-20
  • メインイベント開催日:3月6日(日) おおくぼ台梅園(大山町西大山) 時間:午前10時~ 内容:梅娘認証式、豊作祈願祭、野点、餅まき、アトラクション、フォトコンテスト(公開審査)など (フォトコンテストは3月31日まで募集)   このほか、おおくぼ台梅園では、期間中の土・日曜日にひびきの郷が協賛イベントを開催します。詳細は、豊後・大山ひびきの郷(0973-52-3000)にお問い合わせください。

  • 天領日田おひなまつり
  • 2011-02-15 ~ 2011-03-31
  • <おひなまつりイベント情報> 「豆田ながしびな」 おひなまつりは厄払いのために人形を川に流した事から始まり、現在のおひなまつりの由来は「流し雛」と言われています。 日時:3月6日(日)10:00~14:00 場所:桂林荘公園(豆田町) 料金:無料  「ひな流しに着物を着てみませんか!」 日時:3月6日(日)9:30~14:00 場所:天領日田資料館 休憩室(日田市豆田町11-7) 料金:当日、着物持参の方には無料で着付けを致します。 ※着物をお持ちでない方も若干着物をご準備させていただいております。  「青い目の人形パレード」 日米関係が険悪化した大正中期、親日家の牧師によって始められ全米270万人による寄付により、1927年に日本に届けられた「青い目の人形」は全国に配布され、日田市には5体の人形がやってまいりました。その後、第2次世界大戦が始まり、「青い目の人形」は敵国視され多数が壊されてしまいました。現在日田市三隈幼稚園に「青い目の人形」が2体残っており、当時の子どもたちが雛祭りと一緒にこの人形を歓迎した様子を再現するため着物を着た園児たちと一緒にパレードを行います。どなたでもパレードに参加できますので、是非お気軽にご参加ください。 日時:平成23年2月15日(月) 10:25~11:30  ※雨天の場合は幼稚園でのイベントを行います。 場所:日田駅前出発 コース:日田駅前~三隈幼稚園(約500m) ※青い目の人形はパレード後「原次郎左衛門家」にて展示されます。